コンプレックスは標準から逸脱するときに感じるものである。

コンプレックスは、人それぞれ、多かれ少なかれ1つや2つあるものである。

僕は思春期は、ニキビができてとても悩んだ。

今は色々なニキビケアがあるので羨ましい。
最近も評判がいいのでプラクネの販売店を探してみたら、なんとネットでしか売ってないという情報が→プラクネ販売店shop.xyz
時代の移り変わりを感じる。

また背が低いのが嫌だった。コンプレックスは正常な状態と比較して、何かがはなはだしく逸脱していることを言うと思う。

例えば、僕は現在コンプレックスに感じているのは体重である。薬の影響で過食になり、体重が1年で30キロほど増えてしまった。

年齢も30代半ばで、運動しても中々減らない。まあ、世間からおじさんと言われる年齢になっているので、僕よりも太っている人もいて、それでも、堂々と歩いている人もいる。

たまに自意識過剰なのではないか。と思うこともあるがドラマや映画に出演するわけではないし、人は、よほど不快でなければ、気にしない。

また、薄毛で悩んでいる人もいると思うが、薄毛でも、ヘアスタイルを整えることによって、違和感がなくなるということもある。

とにかく恥ずかしがるより堂々としていた方が自分も困らないし、いいと思う。とにかくカツラでも、増毛でも、違和感を無く堂々とすることが、コンプレックスを失くす方法であると思う。